触れるキャバです|やっぱり風俗嬢と絡むのが、一番気持ちいいです!
座っている女性

触れるキャバです

振り返る女性

池袋にはキャバクラもたくさんありますが、そんななかでもセクキャバが多くの男性から注目されています。
実際にセクキャバのよさを知った人なら、もうキャバクラなんてまったく見向きもしなくなるでしょう。

では池袋のセクキャバってどんなところなのか
まず池袋にあるセクキャバは他にもおっぱいパブとかおっパブなどという言い方をされる場合もあります。
一応キャバクラと似たような雰囲気になっていますが、セクキャバは風俗店の部類に入ります。
女の子とお酒を飲みながら喋ることができる遊び方に加えて、しっかり好きなだけ体を触ることが可能です。

また池袋のセクキャバの特徴は、キャバクラとは違って昼間に営業するようなところも存在します。
そのためどうしても夜に遊ぶことができない場合でも、セクキャバだったら気軽に遊びに行けるわけです。

そして池袋のセクキャバはそれぞれのお店によって遊ぶときのルールが微妙に違ったりします。
たとえば軽めのサービスを提供しているようなセクキャバだったらサービスタイムというものが用意されており、
そのタイミングだけ女の子にボディタッチができたりします。
サービスタイムの頻度は大体40分に1回程度となるので、まさにパブのショータイム的な感覚です。

あとセクキャバという風俗はひとりで遊びに行くのもいいですが、会社の同僚だったり取引先の人と行くときにも相手に喜ばれたりします。
他の風俗だと個室で遊ぶことが多かったりしますが、セクキャバなら皆でワイワイできるのでとてもおすすめです。
普通にキャバクラに行くよりも間違いなく盛り上がると思います。